理学療法学専攻

スタッフ紹介

井口 茂 (いのくち しげる) 【 教授 】

 
担当授業科目: 統合ケア論、運動療法学、義肢装具学実習、地域理学療法学など
主な研究分野: 高齢者の運動介入および転倒予防に関する研究、障害者・高齢者の在宅支援に関わる研究
受験生へのメッセージ: 理学療法学は、身体機能面の評価と分析を基礎とした知識・技術を学んでいきます。そしてその知識・技術を障害のある方々や高齢者の方々に対する援助のために応用していく学問です。学生の皆さんとともに障害者及び高齢者の自立支援に向けた理学療法の役割について議論できればと思います。

沖田 実 (おきた みのる) 【 教授 】

ウェブサイト
担当授業科目: 基礎理学療法学、運動器系理学療法学など
主な研究分野: 関節可動域制限や筋力低下の発生メカニズムの解明やこれら障害に対する運動・物理療法の効果検証を目的とした基礎医学的研究を行っています。
受験生へのメッセージ: 障害の病態像を的確に捉え、その病態像に即した治療手段を選択・実施し、その効果判定ができる理学療法士の仲間を増やしていきたいと思っています。この目標に向かってお互い切磋琢磨していきましょう。

折口 智樹 (おりぐち ともき) 【 教授 】

ウェブサイト
担当授業科目: 人体の構造と機能、栄養・代謝学、臨床病態学など
主な研究分野: 関節リウマチの病態解明から治療、リハビリテーションまで。
受験生へのメッセージ: 研究も若さ溢れるスタッフのみんなと楽しくやっています。これからの21世紀の医療を支えていく皆さんが学ぶことはたくさんありますが、目標に向かって頑張ってください。

神津 玲 (こうづ りょう) 【 教授 】

ウェブサイト
担当授業科目: 理学療法研究法,呼吸・循環系理学療法学など
主な研究分野: 呼吸および循環機能,摂食嚥下(食べる・飲み込む)機能における障害の治療や予防に関する効果的な理学療法を確立するために,おもに臨床的な立場から研究を行っています。
受験生へのメッセージ: 臨床現場での理学療法士という仕事はとてもやりがいがあり,患者さんをはじめ多くの方々に喜んでいただけます。さらにその質を高めるために行われる研究もとても楽しいですよ。長崎大学で一緒に学んでいきましょう!

小関 弘展 (こせき ひろのぶ) 【 教授 】

 
担当授業科目: リハビリテーション医学 、運動器系障害とリハビリテーションⅠ・Ⅱ、加齢と健康学,統合ケア論,統合ケア実習,離島の暮らしと保健医療、他
主な研究分野: 地域リハビリテーション、バイオマテリアルの摩擦摩耗・腐食動態解析、手術部位感染症とバイオフィルム、廃用性骨萎縮、関節動態解析など
受験生へのメッセージ: リハビリテーションの意義は、病気や障害に悩む人を全人的に受け止め、社会の中で生活できるように一人でも多く導くことにあると思います。このリハビリテーションというフィールドで、みなさんの隠れた才能と無限の可能性を開花させてみませんか。

坂本 淳哉 (さかもと じゅんや) 【 准教授 】

ウェブサイト
担当授業科目: 人体の構造と機能,機能解剖学Ⅰ・Ⅱ,運動器系・中枢神経系理学療法学実習など
主な研究分野: 痛みに対するリハビリテーションの効果検証に関する基礎医学的研究および臨床研究
受験生へのメッセージ: 論理的な思考の基に質の高い理学療法を実践できる仲間が増えるように、皆さんと率直にディスカッションを重ねながら一緒に研究していきたいと思います。そして、理学療法学の楽しさを皆さんと共有したいと思います。

鶴崎 俊哉 (つるさき としや) 【 准教授 】

ウェブサイト
担当授業科目: 運動学Ⅱ、運動学実習、運動発達論、発達障害系理学療法学など
主な研究分野: (1) 這い這いに関する発達学的検討、(2) 表面筋電図を用いた運動学的研究
受験生へのメッセージ: 講義や研究を通して一緒に考え、学生時代だけでなく同じ理学療法士として長く付きあえる関係作りをしましょう。

田中 貴子 (たなか たかこ) 【 准教授 】

ウェブサイト
担当授業科目: 運動学Ⅰ、理学療法評価学、理学療法評価学実習など
主な研究分野: 医療と介護の両面における呼吸リハビリテーションに関する研究、COPDの疫学
受験生へのメッセージ: 臨床の場面で困っている方々へ、有効なリハビリテーションが提供・還元できる勉学や研究を学生の皆さんと一緒に学びたいと願っています。

本田 祐一郎 (ほんだ ゆういちろう) 【 助教 】 ※留学中(研究休職)

ウェブサイト
担当授業科目: 物理療法学、物理療法学実習、中枢神経系理学療法学、中枢神経系理学療法学実習など
主な研究分野: 実験動物を用いた基礎医学的手法によって関節可動域制限の発生および進行に関わる分子メカニズムの解明やこの機能障害に対する物理療法の生物学的効果の検証を行っています。
受験生へのメッセージ: 様々な機能障害の発生や進行に関わるメカニズムを理解し、それに基づいた適切な治療方針を患者さんに説明でき、質の高い治療を安全に実践できる理学療法士の育成に力を注いでいきたいと考えています。

西 祐樹 (にし ゆうき) 【 助教 】

ウェブサイト
担当授業科目: 生活技術学、生活技術学実習、義肢装具学など
主な研究分野: 多様な疾患で生じる運動制御障害のメカニズムの解明や治療介入効果に関する基礎研究および臨床研究を行っています。
受験生へのメッセージ: 普段何気なく行っている立つ・歩くといった運動の複雑さや奥深さを知り、それらの動作に困っている方々に対して理学療法士としてできることをともに学んでいきましょう。

高橋 あゆみ (たかはし あゆみ) 【 助教 】

担当授業科目: 物理療法学、物理療法学実習、中枢神経理学療法学、中枢神経理学療法学実習
主な研究分野: 実験動物を用いて筋萎縮に対する物理療法の効果に関わる生物学的なメカニズムの解明や効果の検証を目的とした基礎医学研究を行っています。
受験生へのメッセージ: 理学療法士として、適切な理学療法の介入手段の選択やその根拠を示すことができるよう、講義や研究を通してともに学び、困っている方々の力になれるようにお互い頑張っていきましょう。

柳田 頼英 (やなぎた よりひで) 【 助教 】

担当授業科目: 理学療法評価学、理学療法評価学実習、心臓呼吸理学療法学など(急性期における理学療法を分担)
主な研究分野: 誤嚥性肺炎や肺癌周術期患者のADLや身体活動量、間質性肺疾患に対する酸素療法の効果など、内部障害、特に呼吸器分野に関する臨床研究を行っています。
受験生へのメッセージ: 長崎大学の卒業生として、講義だけではなく学生生活全般を通した"学び"をサポートしたいと思います。歴史と革新が共存するこの長崎の地で、多くの経験を重ねて人間的にも成長していきましょう!