作業療法学専攻

カリキュラム・マップ

ズーム画像クリックで拡大表示
カリキュラム・ポリシー
  1. 入門科目で,解剖学・生理学・病理学などの基礎的知識とともに,人間・環境・健康・リハビリテーションについての知識を深め,医療専門職としての態度と他職種と協働する作業療法士の役割について学びます。学修の到達度は,主に筆記試験やレポートにより評価します。
  2. 専門基礎科目で,作業療法の対象と作業療法実践のための基礎的知識と技術を学びます。学修の到達度は,主に筆記試験やレポートにより評価します。
  3. 専門科目で,身体障害者,精神障害者,高齢者,障害児を対象とした臨床実習を行い,具体的な作業療法実践について学ぶとともに,医療人としての倫理観を養います。学修の到達度は,レポートやプレゼンテーション,ディスカッションを通じて評価します。
  4. 発展的専門科目で,障害を持ちながら在宅で生活する障害者や家族への作業療法や支援,他職種と協働する中での作業療法の役割について学び研究を行います。また,作業療法に関する先端的な研究を行います。学修の到達度は,学修内容や研究内容に関するレポートやプレゼンテーション,ディスカッションを通じて評価します。
  5. 他専攻との共修科目,医学科との共修科目で,保健・医療・福祉の分野における連携・協働の重要性と実践を学びます。学修の到達度は,学修内容をまとめたプレゼンテーションとディスカッションを通じて評価します。
科目に関する別表(作業療法学専攻)
入門科目 専門基礎科目 専門科目 発展的専門科目









基礎的知識
・理解

入門科目


薬理学

微生物学

公衆衛生学

社会福祉

   
専門的知識
・技術

人体の構造と機能

栄養・代謝学

病理学

保健医療統計学

作業療法学概論

リハビリテーション概論

人の発達と成長

機能解剖学Ⅰ・Ⅱ

機能解剖学実習

生理機能学Ⅰ・Ⅱ

生理機能学実習

運動学Ⅰ・Ⅱ

運動学実習

リハビリテーション医学

内科系障害とリハビリテーションⅠ・Ⅱ

運動器系障害とリハビリテーションⅠ・Ⅱ

神経系障害とリハビリテーションⅠ・Ⅱ

外科系障害とリハビリテーション

精神系障害とリハビリテーションⅠ・Ⅱ

小児系障害とリハビリテーション

救急医学

基礎作業学概論

基礎作業学技法Ⅰ・Ⅱ

治療作業学

作業療法評価学

画像評価学

身体障害作業治療学

身体障害支援特論

精神障害作業治療学

精神障害支援特論

発達障害作業治療学

発達障害支援特論

地域作業療法学

生活障害改善学

義肢装具学

作業療法管理学Ⅰ・Ⅱ

カウンセリング技法

具体的な作業療法実践,
高い倫理観
 

作業療法評価学実習

身体障害作業治療学実習

精神障害作業治療学実習

発達障害作業治療学実習

生活障害改善学実習

義肢装具学実習

基礎作業療法実習

地域作業療法実習

総合臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

 
連携・協働

ボランティア活動

医療と社会Ⅰ・Ⅱ

保健医療社会学概論

保健医療福祉システム論

統合ケア論

統合ケア実習

離島の暮らしと保健医療

国際保健学実習

科学的態度

 

作業療法学セミナー

作業療法学研究法

卒業研究